044-555-3918

予防歯科

ご予約・
お問い合わせ

予防歯科とは

歯は悪くなると、元の健康な状態に回復させることは不可能です。
「悪くなってから」では手遅れになることも。

そこで近年、悪くなってから治療するのではなく、歯が悪くならないように「予防していく」ことが重要視されています。

予防歯科はメンテナンスです。
生涯自分の歯で噛むために、健康な状態から定期的な歯科医院での検診を受けましょう。

治療完了がゴールではありません

歯科治療の様子

歯の治療が完了した患者さんでも、虫歯や歯周病の再発がないとは言い切れません。 お食事や夜間の歯ぎしりなどで、咬み合わせなどの口内環境は日々変化していきます。 また、日々のケアも丁寧に行っているつもりでも、歯ブラシだけで100%磨き残しがないことなどありえません。

口腔内の健康に大切なのは「早期発見」「早期治療」「定期的なメンテナンス」の3つ。

痛くなったら歯科医院に行くのではなく、定期的に歯科医院を訪れることが必要なのです。 予防は日々のプラークコントロールが基本です。ひとりで抱え込まずに、磨き残した部分は歯科医院によるプロフェッショナルケアにお任せ下さい。そのほか咬み合わせのチェックにいたるまで全てをサポートさせていただきます。

治療完了はゴールではなく、健康な口腔内へのスタートです。

予防歯科の具体例

PMTC

P…プロフェッショナル(専門家) M…メカニカル(器械) T… ティース(歯) C…クリーニング(清掃)

「PMTC」は毎日の歯磨きで落ちない歯の汚れを、歯医者さんで専用機器を使って綺麗にクリーニングすることです。

毎日、知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケット(歯と歯肉の間のみぞ)内の歯の根の部分もキレイに磨き上げて汚れを取り除きます。歯石を取るような治療ではなく、あくまで心地よい範囲の刺激で行われます。

多くの悪玉菌を取り除く事で虫歯や歯周病の予防に。施術後には歯の表面の舌触りがつるつるになるほか、朝起きたときの口の中のネバネバ感がなくなるなどの実感を感じてもらうことができます。

【こんな人が利用しています】 ・口臭の気になる方 ・人と対面することが多い職業の方 ・結婚式前に歯をきれいにしたいという方

フッ素塗布

高濃度のフッ素を歯に塗布することで、虫歯を予防する方法です。十分な効果を得るためには、歯科医院で年3~4回塗布を行う必要があります。ほとんどの場合、虫歯の治療や定期的なメンテナンスのついでに行うことができます。虫歯予防率は約20~40%となります。

シーラント

シーラントとは奥歯の噛みあわせの部分にプラスチックを埋め込んで、その部分を虫歯予防しようという方法です。シーラントは、その性質上、虫歯ができやすい時期・虫歯ができやすい場所にするのがいいと言われています。そのため、一般的には子供の第一大臼歯に施されることが多いです。

歯磨き指導

虫歯や歯周病の原因となる細菌のかたまり「プラーク」。歯についた食べカスや糖分を栄養にして増えていきます。プラークは歯の表面や歯と歯ぐきの隙間に特に残りやすく、正しい方法でブラッシングを行わないとお口の中にいつまでも残ったままになってしまいます。

虫歯や歯周病を事前に防ぐためにも各々の患者様に最適な正しい磨き方を歯医者さんで学び、定期的に検診をすることをお勧めしています。お口の中を衛生的に保つためには、毎日のブラッシングと定期検診が欠かせません。

医院情報

Hospital information
診療時間
9:30-12:00 -
14:00-17:00 -
小児歯科:14:00−17:00
金曜:14:00−18:00
休診:日曜・祝日
menu